抗がん剤でインポテンツに白米に雑穀を混ぜ症状改善

インポテンツとは勃起不全のことで、生活習慣が原因となり、若い男性でも症状を発することのあるものです。生殖機能そのものは失われていませんが、勃起が困難になったり、持続しなくなるため、性行為がしにくくなり、本人やパートナー共に苦痛を伴いやすいのが、辛い症状といえます。
インポテンツの原因の生活習慣とは、暴飲暴食をしたり、もしくは摂取カロリーが少ないことによる栄養不足、過度な飲酒や喫煙、睡眠不足や過労などがあてはまります。また、ストレスも影響を及ぼすとされています。
生活習慣やストレス以外では、薬の副作用で起こることも分かっています。降圧剤や抗うつ剤、抗精神病薬、精神安定剤や抗がん剤などが該当します。
抗がん剤の場合だと、インポテンツだけでなく、射精障害や性欲減退などの副作用が発生しやすくなります。不妊の原因にもなるため、抗がん剤治療中は子供が作れない確率が高い状態です。ですが、抗がん剤治療が終了すれば、これらの副作用は徐々に回復しますので、必ずしも永遠に機能が失われるという訳ではありません。
特にインポテンツは、陰茎の海綿体に血液が集まりにくくなることで勃起しにくい状態ですから、血液が集まるようになれば、改善できる症状です。
改善方法として、専用の治療薬を用いる以外に、食事による改善を試してみるのがよいでしょう。精力を増進させる食品として、雑穀が注目を集めています。雑穀にはキビやアワ、大豆、ヒエ、麦などが存在し、それぞれビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。この雑穀を普段食べている白米に混ぜて炊くだけて、手っ取り早く栄養素を身体に取り込み、血行の促進やホルモンバランスを整えるなどの健康効果が得られ、インポテンツの改善に役立てることができます。